【選考方法】㈱リクルート エージェント領域 CA/RA職(旧リクルートキャリア)

【選考方法】㈱リクルート エージェント領域 CA/RA職(旧リクルートキャリア)

こんにちわ。

㈱リクルート HR本部 エージェント領域&新卒領域(旧リクルートキャリア)の中途採用SE職の採用活動が活発になっています。この記事では、エージェント領域って何?CA/RAってどんな仕事?選考はどうやって進むの??という事をお伝えしていきます。※SE職ってなに?という方はリクルートグループの「SE社員」って何?を解説します。の記事をご覧ください。

エージェント領域?CA/RAってなに?どんな仕事?

㈱リクルートHR本部 エージェント領域とは、ざっくりというと旧リクルートエージェントの事業領域。つまり転職エージェント(人材紹介事業)の事を指します。2021年4月のグループ統合以前は、旧リクルートキャリアのイチ事業部として、更に遡ると㈱リクルートエージェントとして独立した企業として運営されていました。

転職したい個人と、人材を採用したい企業をメディア等のマス媒体ではなく、「人」が間に入ってマッチングさせるのが転職エージェント事業です。(リクルート転職白書を運営するPomto㈱も転職エージェント業を本業としています。)

そして、CA=CareerAdviser(キャリアアドバイザー)、RA=RecruitingAdviser(リクルーティングアドバイザー)の略称です。

CA(キャリアアドバイザー)は、転職希望者個人とキャリアカウンセリングを行い最適な求人を提案し転職成功のサポートを行います。一方RA(リクルーティングアドバイザー)は企業担当として、企業に対して求人の詳細を確認したり、採用ターゲット像の確認、提案を行ういわゆる営業担当です。

当社のような小規模なエージェントでは両面型と呼ばれる、CA業務もRA業務も一人のコンサルタントが両方行うスタイルが一般的ですが、規模の大きなエージェントでは業務の効率化を意識してCA業務とRA業務を切り分けて別々の担当を設定することが多く、㈱リクルートのエージェント領域でもCAとRAを切り分ける形態をとっています。

【仕事内容&採用基準】㈱リクルート HRエージェント領域(旧㈱リクルートキャリア)キャリアアドバイザー(SE社員) の記事でキャリアアドバイザーの仕事内容詳細をお伝えしていますので、是非そちらもご覧ください。

㈱リクルート エージェント領域 CA/RA(SE社員)選考方法(選考フロー)

㈱リクルート HR本部 エージェント領域のCA(キャリアアドバイザー)/RA(リクルーティングアドバイザー)の選考はSPIテスト+面接2回となっています。

エントリ完了するとまずメールにてSPIテスト受験(WEBテスティング)の依頼が届きます。国語・算数・適性検査の3種類のテストを実施し、基準を満たしている方を対象に1次面接へと進みます。

基本的に1次面接は対象部署or人事マネージャー、2次面接(最終面接)は対象部署の部長クラスの方が面接官となります。いずれの面接も、1:1で30~60分程度となります。

エージェント領域(旧リクルートキャリア)の選考で悩ましい事がひとつあります。それは、内定承諾後にしか配属先が決まらないということ。SE職は日本を10のブロックに分けてブロック内での異動の可能性がある雇用形態です。※詳細はリクルートグループの「SE社員」って何?を解説します。

例えば、キャリアアドバイザー希望の方が広島で選考を受けて見事内定取得したとします。この内定通知時点では、勤務地がどこになるか、職種がCAなのかRAなのかは提示されません。内定承諾し入社する決意を伝えたうえで、配属拠点がどこで職種が何かが通知されるフローとなっています。

広島勤務のキャリアアドバイザー希望で内定承諾したとしても、岡山勤務のRA職(リクルーティングアドバイザー)配属となる可能性もゼロではないわけです。(実際は多くのケースで希望を踏まえた配属となっています。)

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、㈱リクルート HR本部 エージェント領域(旧リクルートキャリア)の仕事内容と選考方法(選考フロー)についてお伝えしました。面接対策に関しては改めてしっかりと別の記事にてご紹介していきますが、エージェント領域(旧リクルートキャリア)のCA職はこれまでGE職として総合職採用してきた職種ですので、正直採用ハードルはグループ内でも比較的高いポジションと言えます。

ただ、2021年4月のグループ統合以降、SE社員採用に切り替わった事で採用ハードルにも変化が見て取れます。私たちPomto㈱経由でも、2021年4月以降で3名の方の転職が決まっており、徐々に採用ハードルや採用基準が見えてきました。

もし㈱リクルートでCA(キャリアアドバイザー)、RA(リクルーティングアドバイザー)として転職することを目指していらっしゃるのであれば、各地域での採用状況や転職成功の可能性などアドバイスさせていただきますのでお気軽に転職相談にお申し込みください。

リクルートへの転職を相談する
リクルートへの転職を相談する