Pomto-京都の人材サービス会社-

Pomtoポント-京都の人材サービス会社-

F.J.さん

約 1 分

F.J.さん
2010年4月 地方金融機関 入社
2016年5月 転職活動スタート(28歳)
2016年7月 内定
2016年9月 株式会社マイナビ 入社
前職についてお教えください
『地元密着で仕事をしたい、地域経済に貢献したい』という考えから、地元の信用金庫に入庫しました。が…今思うと正直、大した軸もなく選んだように思います。ただ経営層に対する融資の営業など、仕事内容は楽しかったです。約6年5カ月働きましたが、営業マンが200~250人いる中で上位5名ほどしか受賞できない賞を何度かいただき、とても充実していました。
転職しようと思った理由は何ですか?
30歳手前で業界の先行きや仕事内容を考えたときに、『このままでいいのか?!』と不安に。仕事は楽しい部分もありましたが、もっとクライアントに貢献できる、やりがいのある仕事がある感じがしていて。
信用金庫での営業活動の中で、クライアントとクライアントを繋ぐビジネスマッチングを時々していたのですが、それがすごく喜ばれて。直接的な(個人)売上には繋がらない可能性もありますが、融資の話だけでなく、必要に応じて人と人を繋ぐ提案も積極的に行うことで、クライアントに貢献できているという充実感を味わえました。また、このビジネスマッチングを行うことでクライアントから信用され、結果的には売上・業績にも繋がっていきました。そんな仕事をもっとやっていきたいという気持ちが芽生えてきたので、転職活動に踏み切りました。
転職先としてどんなところを考えていましたか
人材業界ですね。マッチングと言う点もそうですが、僕は有形商材よりも無形商材を扱っていきたいと思っていました。
実は社会人2年目ぐらいの時に、転職サイトに一度登録してみたんです。そこで一度マイナビさんを紹介いただき、それからずっと気にはなっていたんです。
入社して5~6年目になった時、自分の営業スタイルも確立できた中で、『人と企業のマッチング』が面白いと感じ、その時にマイナビ社の仕事内容を改めて思い出して、転職活動をスタートしたんです。
Pomtoを選んだ理由はありますか?
マイナビ社の求人を扱っているエージェントさんからのオファーはとても多かったのですが、「マイナビで就業経験がある」とメールに書かれていて、それで担当の植田さんにお願いしようと思いました。
当然、マイナビエージェントにお願いするという選択肢もありました。『そのほうが有利なのかな?』と。でもかえって聞きづらい事も出てくるだろうと思い、植田さんに相談することにしました。
ちなみに初対面での面談を終えての印象は「めっちゃええ人!」(笑)

植田のサポートについての感想をお聞かせください
いろんなエージェントさんと面談をさせて頂きましたが、一番本音で話しやすい方だと思いました。自分の根っこにある想いを汲んでお話してくださる情報は本当に貴重で。細かい質問なども時間帯問わず送っていましたが、常にすぐ返信がありました。おかげで意欲がすごく高まりました!
サポート面では、ご紹介求人の良い部分だけでなく、前もって心配点や懸念点を教えて頂けたことが有難かった。例えば、信用金庫の職場環境と異なり「人材業界は平均年齢が若く、年下の上司の下で働く可能性もある。藤井さんは一社目で活躍していましたが、若干プライドを投げ捨てでもスタートする覚悟があるかどうか。採用担当者の立場からすると、そこは心配点で、おそらく聞かれます。」と、事前に共有いただきました。
そして実際に面接本番で、「当社の職場環境は○○だけど大丈夫?」と、幾つか質問がありました。事前に面接で聞かれる質問を共有いただけた御蔭で、面接の場では準備と覚悟ができていたので、自信をもって「大丈夫です!」と答えることができました。
株式会社マイナビに入社してみた感想は?
評価が正当で、やったらやっただけ返ってくる、という点が嬉しいです。
残業の強要も一切ありません。決められた時間の中で、自分の裁量で働ける点がすごく働きやすいなと。ネットで会社情報を検索すると色んな意見が書かれていますが、個人的には働く環境に問題は一切なく、何の不満もありません!
仕事自体は地域や担当企業様への貢献をやりがいにして働いていますが、この仕事は社会的影響力が大きいと感じていて、そんなサービスを扱えることに楽しさを感じています。
「売って(媒体に掲載してもらって)終わり」の仕事ではなく、その後のフォローによって結果やリピート率に影響してきます。クライアントと長く深い付き合いをし、自分の提案内容によって貢献できる幅が広がる点に面白さを感じています
現在のお仕事内容について聞かせてください
媒体(マイナビ)をフックとして企業様の採用戦略を一緒に考え提案しています。目指すところは新卒採用のコンサルですね。あとは、今まで新卒を採っていなかった企業様に対してアプローチすることも多く、初めての新卒採用のお手伝いもさせてもらっています。
東兵庫を担当していて、既存顧客への深耕と年間で20社ぐらいの新規を受注しています。
20社というのは少なくない数字ですが、そこに至るには経営者や採用担当者との関係性の作り方など、前職で培ったことも活かされていると思います。それでも(新卒採用は1年に1回の為)簡単な提案で受注に繋がるケースは少なく、(会社としての理想は、一回の訪問で受注することですが)、僕はお客様ときっちりと関係構築してから受注することが多いです。そのおかげか、競合他社に負けることが少なく、結果的に社内でプレイヤーが数千人いる中の上位5%に値する賞を、2年連続いただきました。
転職を考えている人に一言お願いします
転職を考える理由は人それぞれだと思いますが、次に自分がどういう仕事をしたいのか、何を目指したいのかといったことを、しっかり自己分析した上で活動してほしいと思います。あとは今振り返ってみると、誰に相談するかによって、自分の根っこにある想いが仕事探しにどう反映され、どんな結果になるかは変わってくると思いました。色んな選択肢があるかと思いますが、自分と合うエージェントや信頼できるアドバイザーに相談されることをオススメします!

担当コンサルタントから一言
藤井さんについては、(株式会社マイナビに入社してからも)活躍しているという話を、マイナビ人事からよく聞きます。単発ではなく、2年連続で表彰されていることに価値があり、転職サポートさせて頂いている時から「必ず活躍する人材」だと確信していました!
サポート時に注意していたことは、インタビュー内容にも記載がありますが、1社目で圧倒的な成果を出していたからこそのプライド・営業職への自信を、(面接時に)どう謙虚に立ち回るか。地方金融機関と人材業界の社内環境の違い、面接官が心配する要素を事前に共有することで、藤井さん自身にギャップが生まれないよう努めました。
3年連続の表彰、頑張って下さい!!